保険でも白い詰め物ができるようになりました

保険診療だと銀歯になる?

保険診療で治療を行うと銀歯のイメージが強いと思いますが、実は保険でも白い歯を作ることが出来るんです!

保険の白い歯はCAD/CAM(キャドキャム)というもので、Computer Aided Design/Computer Aided Manufacturingの略で、コンピューターで設計、制作をするものです。

保険診療で認められているCAD/CAMは詰め物(インレー)と被せ物(クラウン)があります。

CAD/CAMが適用になる歯

詰め物と被せ物、どちらもほぼ全ての歯にCAD/CAMを入れることができ、

上下真ん中の歯から4番目、5番目(第一小臼歯、第二小臼歯)と上下の前歯(中切歯、側切歯、犬歯)に対して適応となります。

上下真ん中の歯から6番目の歯(第一大臼歯)は、7番目の歯がきちんと噛んでいて噛み合わせの負担が大きくない場合は適応となります。

その他、医科での検査結果(診療情報提供書の様式のもの)がある場合のみ、金属アレルギーの方は6番目、7番目の歯も適応となります。

CAD/CAMのメリットとデメリット

 メリット

・銀歯と違い、歯に似た白い色なので、見た目が自然に見える

・金属ではないので、金属アレルギーの心配がない

・保険診療の樹脂と比べて強度に優れている

・自由診療の白い歯に比べて安価でできる

デメリット

・透明感がなく再現できる色調が単色になってしまう

・プラスチックが含まれているため時間が経つと変色し、艶がなくなってしまう

・銀歯や自由診療のセラミックと比べて強度が劣るため歯ぎしりや食いしばりが強いと、欠けたり割れてしまう可能性がある

・ゆがみやすく、はずれやすくなってしまうため、再治療となる可能性がある

・銀歯に比べ歯を削る部分が多くなってしまう

CAD/CAMと自由診療のセラミックの違い

CAD/CAM自由診療のセラミック
歯科用プラスチックとセラミック(陶材)の粉末を混ぜたハイブリットレジンと呼ばれる素材プラスチックを一切含まないセラミック(陶材)
色味は白いが色調が単調になり、透明感がなく、長年使用すると艶がなくなってしまう天然歯と同様の色調で高い審美性をもち、きれいな白さを長く維持することができる
セラミックと比べ柔らかいため表面に傷がつきやすい強度があるため傷がつきにくい

 CAD/CAMは保険診療のため、自由診療と比べるとデメリットもありますが、保険診療の中で銀歯以外の選択肢が増えたことは患者様にとって大きなメリットであると思います。

また、詰め物や被せ物をしないといけない歯が保険診療で白くできるというのは、笑った時に見えてしまう奥歯の詰め物や被せ物を少しでも減らすことになり、美しい笑顔を手に入れ、ご自身の自信へと繋がっていくと思います!

«

  • tel:072-673-4483
  • お問い合わせ
  • ネット予約
  • メニュー